版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
純文学という思想 小林 敦子(著) - 花鳥社
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号: 03-6303-2505
注文FAX番号: 03-3792-2323
注文メール: info@kachosha.com

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 八木
直接取引: あり(自社)
返品の考え方: 返品はいつでも承ります。承諾書の了解者名は「相川」と記してお返しください。(事前の承諾照会はいりません)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

純文学という思想

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:花鳥社
A5判
276ページ
上製
価格 4,500円+税
ISBN
978-4-909832-10-8   COPY
ISBN 13
9784909832108   COPY
ISBN 10h
4-909832-10-6   COPY
ISBN 10
4909832106   COPY
出版者記号
909832   COPY
Cコード
C1093
教養 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年9月30日
書店発売日
登録日
2019年9月30日
最終更新日
2019年10月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

純文学とは何か―北村透谷・志賀直哉・高見順たちが繋いできたもの―

私小説の時代は終わったが、我々は我々自身の生を否定するところまでは行っていない。
生とは何か、ということを追求せずに、純文学を否定してよいのか。
純文学の作家たちは、徹底して「生」について考えた。
生は自らの内にあり、内部生命は何ものにも従属してはならず、その先に他との出会いがある。

目次


 一 純文学とは何か
 二 「純文学」言説の歩み
    a 「純文学」の語の登場
    b 大正末の「私小説」・「心境小説」
    c 一九三〇年代の「純文学の危機」
    d 一九六〇年代の純文学論争
 三 指標としての高見順
第一章 文学の独立
 一 文士
 二 文学の独立
    a 北村透谷がひらく道
    b 「社会」からの独立
    c 読者からの独立―文壇の意味
第二章 私小説の意味
 一 「私」をめぐって
    a 私小説批判
    b 「私」の解体と制度論
 二 私小説の意味
    a 何が私小説か、誰が私小説作家か
    b 私小説の極致としての心境小説
    c 小説というものの宿命的性格―「私」の叙事
    d 生の流れとしての小説
    e 私小説の「私」―「私」・作品と一体化する「私」
    f 私小説と他者―「私」ならざるものへ
第三章 純文学とその先
 一 純文学―自我の拡充としての文学
 二 内なる歴史と純文学
    a 「歴史小説」をめぐる問題
    b 内なる歴史と純文学


 注/あとがき/索引[書名・人名・事項]

著者プロフィール

小林 敦子  (コバヤシ アツコ)  (

1978年、北海道生まれ。
京都大学博士後期課程修了。博士(文学)。
現在、就実大学人文科学部表現文化学科准教授。
著書に『生としての文学 高見順論』(笠間書院、2010年)。

上記内容は本書刊行時のものです。