版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
キリストの理解 山口 勇人(著) - イザラ書房
.

キリストの理解 ヘブライ語聖書から読み解く

発行:イザラ書房
四六判
192ページ
価格 2,400円+税
ISBN
978-4-7565-0110-3
Cコード
C0016
一般 単行本 キリスト教
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2008年6月
書店発売日
登録日
2015年5月26日
最終更新日
2015年5月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

九州、福岡のシュタイナー教育を学ぶ場ラウムから発信された講座およびコラム。
宗教は嫌い、でもシュタイナーやスピリチュアルなことには興味がある。 そんな私たち日本人を理解するための鍵がここにあります。

目次

はじめに、ヘブライ語でキリストを理解するということ
   〔コラム ユダヤ人とは誰か〕

1、インマヌエル、新しい契約の成就
   〔コラム ヘブライ語聖書と旧約聖書の違い〕

2、終末、メシアからキリストへ
   〔コラム 西暦で世界を測る〕

3、産むこと、私の生命
   〔コラム 講座での語りから、
          「悪魔っているんでしょうか」〕

4、病気なおし、神に立ち返るということ
   〔コラム イトオテルミーと伊藤金逸:
                 きんいつ:博士〕

5、祈りのことば、隠れたところにいる神
   〔コラム 予言と預言の違い〕

6、ヘブライ語、自分の名前

7、如来としてのキリスト、時間の発見
   〔コラム 私の坐禅体験〕

8、般若心経と法隆寺の再発見

9、日本語の「もの語り」

追補、「悔い改め」はどこから来たのか

著者あとがき、山口勇人

ラウムについて、豊田康子

上記内容は本書刊行時のものです。