版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
精神の生活 クリスティン・スモールウッド(著/文) - 書肆侃侃房
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文FAX番号:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
地方小     ト・日・他     書店
子どもの文化     書店(直)
直接取引:あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

精神の生活 (セイシンノセイカツ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:書肆侃侃房
四六判
価格 2,100円+税
ISBN
978-4-86385-587-8   COPY
ISBN 13
9784863855878   COPY
ISBN 10h
4-86385-587-7   COPY
ISBN 10
4863855877   COPY
出版者記号
86385   COPY
Cコード
C0097  
0:一般 0:単行本 97:外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2023年7月5日
最終更新日
2023年7月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

この痛みを何と呼んだらいいのか?

「流産」というテーマを克明かつ赤裸々に描いた傑作小説。

不安定な地位にある大学非常勤講師のドロシーは、図書館のトイレで予期せぬ出血を経験する。流産したことを親友にも母親にも打ち明けることはできない。大学で講義し、セラピーに通い、産婦人科を訪れるが、どこにいても何をしていても世界から認めてもらえない気がしてしまう。3月の終わりからの1ヶ月半、予測不能なキャリアのなかで、自分の身体に起きた「流産」という不可解な出来事と知性によってなんとか折り合いをつけていく。

「Time」年間トップテン・フィクション(2021年)選出!

目次

三月の終わり
その翌日
五日後
数週間後
翌週の土曜の夜
十日後

日本の読者への手紙
訳者解説

著者プロフィール

クリスティン・スモールウッド  (クリスティン・スモールウッド)  (著/文

2014年にコロンビア大学で英文学の博士号を取得したのち、これまで5本の短編小説をThe Paris Review、n+1、Vice などの文芸誌で発表している。また数多くの書評やエッセイをThe New Yorker、Bookforum、The New York Times Magazine、Harper’s Magazine 等に寄稿する批評家でもある。現在、ブルックリンに夫と二人の息子と住んでいる。

佐藤直子  (サトウナオコ)  (翻訳

東京都内の大学で非常勤講師として英語を教えている。現代アメリカ小説における「偶然性」のテーマに関心がある。

上記内容は本書刊行時のものです。